会社の歩み

1961年11月
東京都小平市において資本金310万円にて東京測定器材株式会社を設立。医療機器業界および計測器業界用ロータリスイッチの製造販売。
1964年04月
東京都立川市に移転。電子機器業界にも浸透する。
1965年05月
資本金570万円に増資。ロータリスイッチRS600シリーズを開発。
1969年01月
放射線用切換スイッチKVPシリーズを開発。
1969年11月
従来製品をシリーズ化しRS300、400、500、600シリーズに統一。
1970年11月
ロータリスイッチRS700シリーズを開発。
1972年01月
現所在地 東京都青梅市新町8-3-4に移転。
1974年03月
X線業界専用スイッチPRS116シリーズを開発。
1975年11月
プリント基板実装ロータリスイッチRP7Xシリーズを開発。
1978年07月
ユニット形ロータリスイッチRP8XUシリーズを開発。
1979年11月
コードスイッチPGシリーズを開発。
1983年07月
照光押釦スイッチ16シリーズを開発。
1984年03月
コードスイッチDPシリーズを開発。
1985年10月
照光式キースイッチK1000シリーズを開発。
1986年05月
照光押釦スイッチ08シリーズを開発。
1990年04月
超小形ロータリスイッチMR8Aシリーズを開発。
1992年01月
超小形ロータリエンコーダRE19シリーズを開発。
1992年09月
電子、電装品メーカ 株式会社ユーシンのグループ一員となる。
1992年10月
手動パルス発生器RE45シリーズを開発。
1993年06月
コードスイッチMR8Cシリーズを開発。
1993年09月
手元操作用手動パルス発生器HC1シリーズを開発。
1993年10月
照光スイッチK1100シリーズを開発。
1994年03月
手元操作用手動パルス発生器HFシリーズを開発。
1994年05月
ロータリエンコーダRE20シリーズを開発。
1994年08月
押釦付ロータリエンコーダRE21シリーズを開発。
1994年10月
資本金1,000万円に増資。
1995年04月
手元操作用手動パルス発生器HSシリーズを開発。
1996年11月
手動パルス発生器RE45Bシリーズを開発。
1997年01月
資本金5,000万円に増資。
2000年04月
押釦付ロータリエンコーダRE23シリーズを開発。
2000年06月
2重軸形エンコーダRE24シリーズを開発。
2000年08月
ロータリエンコーダRE25シリーズを開発。
2000年08月
手元操作用手動パルス発生器HMシリーズを開発。
2000年11月
国際規格『ISO 9001』を取得。
2002年09月
トラックボールTB36を開発。
2005年05月
国際規格「ISO14001」を取得。
2005年10月
手元操作用手動パルス発生器HRシリーズを開発。
2007年11月
本社新館竣工。
2009年04月
押釦付ロータリエンコーダRE29シリーズを開発。
2011年10月
手元操作用手動パルス発生器HTシリーズを開発。
2012年04月
社屋屋上に太陽光発電装置を設置、発電を開始。